会社設立後の給料

会社設立後の給料について

会社設立したら自分の給料の額を自分の好きなように決められるというメリットがあります。また、会社の経費もかなり自由に使えるようになるので、それなりの儲けを出していれば、自由に使えるお金の額はとても大きい場合が多いのです。よって、会社設立したら、給与は低く抑えておき、会社の経費で上手くやりくりする人も多いのです。

なぜなら、会社設立する最大のメリットは経費計上が認められやすくなり、節税効果が上がることだからです。個人の給与を高くしてしまうと非常に多額の税金と保険を収めなければならなくなってしまいますし、固定的な経費となってしまいますから、会社の利益を少なくしてしまう可能性もあり、ビジネス上も良くないのです。

会社設立したら、給与は低くしておき、たくさんの儲けが出たら、賞与で多めに受け取ると良い場合が多いのです。給与を低くしておけば、税金や保険が安いですし、会社の利益を圧迫しません。給与が減ると生活に困ると思うかも知れませんが、会社の経費をなるべく上手く使って、生活費を削減するようにすると良いでしょう。

例えば、取引先などとの会議はレストランなどで行うようにすると、食費が会議費となり、会社の経費になりますが、自腹の出費はなくなるのです。このようなことを繰り返せば、生活費を大幅に削減することができることでしょう。車を社費で買ったり、パソコンやインタ=ネット接続もビジネスで使うのであれば、会社の経費とすることができるのです。ただし、明らかに個人目的の使途の出費に関しては費用計上を認められなくなりますから、何でもかんでもやりたい放題にできるわけではありません。

これらの正しい対処方法は会計や税法を知ることで、できるようになります。よって、まずは会計や税法を正しく知ることが大切です。始めは税務署や税理士さんに相談して、情報を得るようにするのも良いです。特に関係してくるのは法人税、所得税、消費税、住民税などです。

会社設立したら、ビジネスを軌道に乗せることで大変でしょうが、税金やお金に関することはとてもビジネスにおいて大切なものです。よって、売り上げや顧客獲得と同様に扱って、一生懸命に取り組むことが大切になっています。会計や税務は代行をお願いすることもできますから、面倒であれば代行してもらっても良いですが、内容的にはきちんと把握しておく必要があるのです。よって、勉強は免れることはできないのです。覚悟して挑みましょう。