会社設立の企画書

会社設立のための企画書を作る

会社設立においては、初めに事業の企画書を作ります。
会社設立における事業企画書は、会社の方向性と指針を内外に示すものとなります。
企画書に記載することは、事業の目的や、事業の内容、事業資金計画、収支計画などです。
事業の目的では、会社設立の目的や、会社をどのように運営したいか、どういう事業を行いたいかを明記します。
事業内容では、提供するサービス内容、技術、商品についてなどを明記します。
事業資金計画では、会社設立に必要な資金について、自己資本、資金調達の方法などを明記します。
収支計画では、固定費や変動費について、開業当初の売上、経営が起動に乗ってからの売上、借入金の返済予定を記載します。
事業計画書に記載する大切な項目があります。
資金計画、リスクと解決策、経営プラン、市場アクセス、競合優位性、市場環境、事業内容、事業プラン名です。
事業プラン名では、どんな事業計画なのか内外によく伝わるように作ることがポイントです。
事業内容では、商品・サービス内容を分かりやすく端的に表現します。
市場環境では、統計データを活用して表やグラフでの分析を行います。
競合優位性では、差別化と優位性を追求します。
市場アクセスでは、販路拡大の方法などを明記します。
経営プランでは、生産計画など事業運営のプランを記載します。
リスクと解決策では、リスク発生時の対処方法などを紹介します。
資金計画では、資金調達方法または配当計画などを掲示します。
綿密な事業計画書を作らなかったために、事業が上手くいかなかったり軌道に乗らないケースがあります。
事業が傾く原因は様々ですが、一つの要因に事業計画書のお粗末さがあります。
先行きをよく考慮した綿密な事業計画書を作成しておけば、事業運営を進めやすくなります。
事業に対して俯瞰的な見方をもつために、計画書はなんども書き直して練り上げることが必要です。
計画書の書き方は、決まった様式はありません。
サンプルになる様式は紹介されていますが、個性を出して事由に表現することが許されています。
作成方法はパワーポイントやワードを活用できます。
ポイントは分かりやすくすることで、文字数が多ければ良い計画書とはみなされません。
盛り込む内容は、事業目的をはじめ、事業内容、市場戦略、売上、開業資金計画、収支計画です。
企業紹介では、企業概要、経営理念、事業目的、コンセプトを紹介できます。
サービスの特徴など、事業内容は分かりやすくすることがポイントです。