レンタルオフィスの活用

会社設立を目指すなら、レンタルオフィスの活用が便利

世の中には実に様々な種類の企業形態が存在しています。その筆頭に挙げられるのは世界展開を見せる大企業であることには変わりはありませんが、そこに連なる形で中小企業があり、さらにはごく少数人数だけでスタートさせたベンチャー企業があったり、ひとりやふたりだけで会社設立に至った事務所やSOHO的な形態のものまであります。特に日本では長きに渡る不況が就職難などの風を吹き荒らした結果、大企業に属するのではなく個人のアイディアを武器に世の中に打って出ようとする才能が、ごく小さなスタイルにてビジネスを始動させるパターンが急増しています。

こういった会社設立にあたって大きな壁となるのが、オフィスの選択に他なりません。ある程度の規模の企業であれば自社ビルにて企業展開することも可能でしょうし、オフィステナントを借りてその賃料を支払うという経済力もあることでしょう。一方、経営規模の小さいベンチャーや事務所、またはSOHOとなるとそれだけの賃料を支払うだけでかなりの経営利益を圧迫し、会社の存続を危うくさせる大きな負担となってしまうものです。

しかし昨今、こういった小規模の会社設立にあたって大きな力となる存在が誕生して脚光を浴びています。それがレンタルオフィスです。このオフィス携帯は、オフィスをレンタルするという意味ではこれまでのテナントなどとあまり変わりがないように聴こえますが、その実態はまるで異なります。

レンタルオフィスとは主要駅から徒歩数分という抜群の立地条件にもかかわらず、破格に安い賃料にてオフィスを構えることの出来る画期的な物件のこと。とはいえ、一社のみで体を成しているわけではなく、そのオフィス空間には一カ所に複数のタイプの部屋が管理運営されており、この無数の選択肢の中から自分の会社形態にピッタリの部屋をチョイスして契約することで、待望の自社オフィスを持つことができるのです。もちろん、こうして契約したレンタルオフィスは、会社設立に欠かせない登記の際にもこの住所を記載できます。

そのほとんどは入室した時点ですでに書棚や机、椅子、冷暖房機器、コピー、ファックス、インターネットおよび電話回線といったものが完備されており、作業に手間取ることなく初日からすぐに実務を本格スタートさせることが可能です。また外部から来客があった際にもまずは受付にて要件を聴いた承った後にそれぞれの会社のある個室へと案内してくれるので、他社と比較しても全く遜色のない応対をすることができます。

こうした高いメリットを誇っていることから、レンタルオフィスは会社設立を目指す数多くの人々から、今、大きな注目を集めているのです。