格安で会社設立

専門業者が格安で会社設立をできる理由

会社設立をするために専門業者を利用すれば、当たり前のことなのですが業者には報酬や手数料などを支払わなければなりません。その分だけ高くなると考えるのが普通なのですが、会社設立に関して言えば自分で全ての手続きを行うよりも安くなることがあります。これが格安でサービスが提供されている理由だと言えるでしょう。

なぜなのかというと、これは制度そのものに理由があります。もちろんですが、専門に特化することによってコストを抑えら得るのは当然ことですが、それ以外に制度面でのメリットがあるからだと言えるでしょう。その理由の一つが電子定款です。電子定款とは、紙媒体で作成されたものではなくて、データとして作成されたものを指します。プリントアウトする前のデータの状態だと考えれば分かりやすいでしょう。

会社設立をするためには定款を作成して認証の手続きを経なければならないのですが、紙媒体で作成した場合には印紙を4万円分貼らなければなりません。電子定款にした場合には、当たり前のことなのですが電子的なデータに4万円の印紙を貼ることはできません。制度としては、電子定款を作成した場合には、この4万円を支払わなくて良いとされています。ですから、4万円分は安くなるのです。一気に4万円も安くなると言うことですから、少し制度に無理があるような気もしますし、あるいは元々が高すぎたと考える事もできますが、どちらにしても安くなるのですからこれは大きなメリットでしょう。

ただ、電子定款を作成するためには基本的な設備が必要となってきます。これらの設備を導入するためにはある程度のコストがかかりますから、自分で電子定款を作成すれば、かなり割高になってしまうのです。専門業者は、この設備を持っていますから、利用した方が安く作成できると考えられるのです。

例えば、専門業者に支払う報酬や手数料などが合計して1万円かかるとしても、電子定款を作成することによって4万円分安くなるわけですから、差し引き3万円分は安くできるわけです。

会社設立というと、手続きとしては重要なものですから間違いがあってはなりません。ですから、ずさんな業者に依頼するのは少し心肺でしょう。しかし、格安だからと言って扱いがずさんだというわけではありません。安くできるのにはそれなりの理由があるからだと考えておかなければならないのです。それを考えれば、格安の業者に会社設立のための書類作成を依頼することには、あまり心配はないでしょう。