設立したら案内文作成

会社設立したら案内文を送りましょう

いろいろな手続きや届出をして会社設立をしたら、外部の法人やいままでお世話になった人、今後関わりになる方たちに会社設立の案内文を出すことも大切です。
今までの感謝の意味を込めて案内文を送りましょう。
また会社設立を知ってもらうことで、力になってくれる方が現われる可能性があります。
まずは、どの法人、個人様宛てに送るかをリストアップしてみます。
そうすることで自分の人脈が分かってくるものです。
文章の作成ですが、それぞれの相手に応じて、自分で文章を作成すると心がこもったものになりますが、会社設立で忙しい時にそれを行うのはなかなか難しいことです。
それに、自分の言葉で書くといっても砕けた文章で書くわけにはいかず、礼儀正しく、かたい文章で書くことになります。
だからどのような言葉を選べばいいのかも悩んでしまいます。
そんなときには挨拶文・案内文の書き方の本やインターネットなどを参考にしてもいいのではないでしょうか。
テンプレートがあれば、自分の書きたい文章に近いものを参考に、内容を自分の言葉に変えてオリジナルな文章を作ることができます。
まずは時候の挨拶や「皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」というような挨拶文を入れます。
そして今までの感謝の気持ちや、会社設立に至った経緯、意気込みなどを書き、「今後ともご愛顧、ご支援をよろしくお願いします。」という文章のあと、「まずは略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます。」というような文章でくくります。
そして必ず、会社名、代表取締役名、住所、電話番号など新しくできた会社の情報を入れます。
会社設立にもそれぞれ経過があります。
親会社から独立をする場合、定年退職をしてから設立する場合、個人営業から新しく会社を立ち上げる場合などそれぞれの経緯があるのでそれによっても書く内容は変わってきますが、感謝の意とこれからのお付き合いをお願いするような文章は忘れないで入れたいものです。
文章によって、会社設立の意気込みや、人柄が伝わってくるものです。
テンプレートや本などを参考にしつつも、そのままの文章より、自分の言葉に置き換えて作った文章の方が、相手に伝わるものです。
それによって今後の付き合い方にもかかわってくることもあるので、心を込めた案内文を送りましょう。
それを見た相手様簿方から連絡が入ることもあるでしょう。
挨拶文は人脈作りのはじめの一歩ともいえます。
印刷や発送も自分で行う方がいいのですが、専門業者にお願いしてもよいでしょう。